iphone6→8

2年半ぶりにiphoneを変えました。

iphoneXと迷ったのですが、特別Xである必要が見当たらなかったので、結局8。取り寄せを依頼して、1週間ちょっとで入荷したとのことで、今日取りに行ってきました。

 

これまで使っていたiphoneは下取りに出してしまったため、奥さんの6Sとの比較。見ての通りデザインはほとんど変わってません。

 

背面はガラス製になり、傷や指紋がつきやすそう…。そしてiphoneの文字の下に並んでいた細々した表記が一切なくなり、「iphone」の表記だけになりました。まあどうせケースをしてしまうので、裏面はあんまり気にしないですが。

 

あとはカメラ部分が若干変わった程度。使い勝手も今までとほとんど変わらず、新機種を買った感はあまりないのが正直なところ。

 

前作7からですが、イヤホンジャックがなくなったため、イヤホンは付属のアダブターを介して充電端子に装着するか、ワイヤレスで繋ぐかのいずれかになります。まあ、充電しながら音楽を聴くケースはあまり多くはないので、そこまで影響はないかと。

その他に大きく変わった点と言えば、ワイヤレス充電ができることくらいでしょうか。あとは仕事で新幹線や特急に乗るときにモバイルsuicaが使えるようになったのは便利かも。そんくらいですかね。

 

と、そんな感じで機種変更したんですが、機種変更の手続きの時にひと悶着。というのも、機種変更に伴って「液晶保護フィルム」「保護ケース」、加えて外部ストレージの「IXpand」なるものが付属品としてついてきて、それも本体代金同様、毎月の賦課になります、との説明を受けたんですが、正直そんなものいらない。なので、いらないから料金を下げてくれと言ったところ「これらはもう含まれているものなので、外しても金額は変わりません」と言われ、そんなもんかと一旦契約しました。

 

で、帰ってから契約書を見返してみると、やはりその付属品はオプションになってる。しかも、合わせて2万5千円以上!

ふざけんな、ってことですぐに店に電話して無事付属品契約は解除しましたが…相変わらず阿漕な商売だこと…。

相次ぐ靴の受難

先週の出来事ですが、帰宅後、革靴をブラッシングしているとつま先に違和感が…。

 

ガーン、傷がついてる…。しかも、結構深くえぐれちゃってる…。

 

とりあえず週末時間があれば修復を試みてみようと思いますが、超ショック。。

 

 

そして今日は今日でまた帰りに雨に見舞われ、靴底が小石でボコボコに…。こちらもショック…。 革靴受難の日々…。

大山登山

■バス停〜大山ケーブル駅

 

 

 

■大山ケーブル駅〜阿夫利神社

 

 

 

 

 

■阿夫利神社〜大山山頂

 

 

 

 

 

 

 

 

(CANON EOS6D+CANON EF24-105mm F4L IS USMにて 2017年11月11日撮影)  

 

天候に恵まれ、絶好の行楽日和だった今日、紅葉の見頃を迎えつつある丹沢山系・大山に登ってきました。

 

小田急線の伊勢原駅からバスで30分。バス停からは、両脇に土産物屋が並ぶ風情ある参道を上り、ケーブルカー乗り場へ。そこからケーブルカーで登っていくと、阿夫利神社があります。 阿夫利神社が登山道の入り口。山頂までは1時間半と比較的登りやすい山ですが、運動不足の相方のペースに合わせ、休憩を多めにとりながら、たっぷり2時間ほどかけて登りました。頂上からは相模湾と湘南の街並みを一望。山頂で食べる豚汁(500円)はまた格別でした。気持ち良かった!

丸洗いした友之介

先週、思い切って丸洗いした三陽山長の「友之介」。3日間乾かし、デリケートクリーム、シュークリームとポリッシュで磨いて無事復活しました。良かった……。

 

キャップ部分の銀浮きもなくなり、綺麗な姿に。

 

やっぱこの艶感が素晴らしいです。またこれ履いて仕事頑張ろう・・。

銀座、浜松町散策

 

 

 

 

 

 

 

(CANON EOSM+CANON EF22mm F2 STM およびiphone 2017年11月4日撮影)

 

ホント久々に晴れの週末。絶好の行楽シーズンだけに日帰りで小旅行でも、と思いましたが、3連休でどこも人手が凄そうだったので…結局銀座周辺をブラブラ。

 

最初に訪れたのは、新橋にある中華料理屋「味覚」。嫁さんの「辛いものが食べたい」というリクエストに応え、個人的には新橋一の麻婆豆腐だと思うここをセレクト。麻婆豆腐は「激辛」「中辛」「普通」「薄辛」と選べるのですが、以前会社の同僚と来た際、一人が「激辛」を頼んで大変なことになったので、今回はおとなしく「普通」にしました。

その後、銀座でウィンドーショッピング。GINZA SIXを初めて訪れましたが、まさに「オトナの空間」。靴のセレクトショップ「World Footwear Gallery Official」はじめ、紳士モノも多くて、個人的にはなかなか楽しかったです。どれも高かったけど…。

それからスコッチグレインの本店近くにあった茶房で休憩。さらに徒歩で浜松町に移動し、世界貿易センタービルの展望台、旧芝離宮と見て帰宅しました。久々に充実した一日だった。笑

 

大惨事

先日27日の金曜日のこと。

所謂プレミアムフライデイだから、というわけでもないんですが、同僚数人と飲みに行ったんです。たまたま先日買ったばかりの山陽山長の靴を履いて。

 

そしたら、あろうことか後輩ちゃんがビールをひっくり返すという大惨事。向かいに座っていた私の足にもかかったわけです。 (一番被害が大きかったのは隣に座ってた女性。コートがびちょびちょに…)

で、その時は酔っていたので靴の状態などあまり気にせず、深夜に帰ってきたのですぐ寝たのですが、翌日改めて靴を見てみると多数飛沫の跡が残り、酷い状態に…。 ところどころ、こんな感じのいわゆる「銀浮き」みたいになっていて、リムーバーを使ってもクリームを塗ってもどうにもならない…。

 

さらに、慌てて濡れタオルで拭いてしまったがために、被害が余計拡大。元々何ともなかったところまで、こんな状態に。 まだ買ってから3回しか履いてないのに、ショックがでかすぎる…。

 

ということで、最終手段。思い切って丸洗いしてみることにしました。 ネットでいろいろ調べると、やはり「サドルソープ」というのが良さそうだということで、東急ハンズで購入。合わせて、栄養補給用にデリケートクリームも買ってきました。

 

洗い方自体はネット上に多数出ているので取り上げませんが、やはり高価な靴を水浸しにするのは断腸の思い。

そして洗い終わった状態。シミや銀浮きはなくなっているように見受けられますが、ちゃんと元の状態に回復してくれるのか不安です。 とりあえず、今はキッチンペーパーを中に突っ込み、乾燥機をかけた浴室で乾燥させています。明日以降は天気も回復するようなので、ベランダで陰干し予定。

 

この靴を買って分かったのは、やっぱり高い靴は自分には向いてないということ。というのも、扱いにすごく神経質になってしまう。やっぱり3−4万くらいが実用性と一定の水準が両立ができる、絶妙な価格帯な気がします。

LOFTと東急ハンズで

今日は東急ハンズとLOFTで小物を購入。

まずは、靴磨き用のブラシ。写真一番右側のヤギ毛ブラシを新たに購入しました。 ちなみに、左上はクリーム塗布用のペネトレイトブラシ、一番左は豚毛ブラシ、真ん中は馬毛ブラシ。基本的にこの3本があれば靴磨きは事足りるんですが、ヤギ毛ブラシで磨くとさらに艶が出る…ということで、3,000円出して買ってみた次第。ただ、早速靴をこすってみたもののあまり変化は見られない…。使いこなすためにはちょっとコツがいるのでしょうか、難しいですね。。でも、手触りは最高です。笑

 

それにしても、横浜の東急ハンズは靴関連のグッズが充実しててとても良いです。このほかにもケアグッズを購入したので、それも折を見てブログネタに…。

 

続いてはLOFT。仕事で使うペンケースが駄目になってしまったので、新調しました。スリップオンというメーカーのもの。

 

これまで使ってたペンケースは1,000円くらいの安いやつ。でも、せっかくならちょっといいものを買って、靴と同じで革のエイジングを楽しみたい…ということで、革のペンケースを買ってみました。3,800円也。 靴のように頻繁に磨く必要はないかもしれませんが、たまにはクリームで磨いてあげて、長いこと使ってあげたいものです。

雨雨また雨

 

来週の月曜までの天気予報を見ると、水曜にちょっと晴れる以外はずーっと雨!今日とかめちゃくちゃ寒かったし、もう気候がほんとおかしいです。 せっかく磨いた靴も、しばらく履けません。革底は特に。

 

ということで、雨の日は写真のREGAL2足を履いてます。左がグッドイヤーの315R、右がセミマッケイの725R。どちらもラバーソール、ガラス革なので、比較的雨に強い(もちろん完璧じゃないけど)靴です。315Rの方は、革靴にハマるきっかけになった靴。去年の12月に買って、10か月ほどかなりヘビロテしてますが、まだまだ踵の削れ方もひどく無いし、長く履けそうです。一方725Rは買って半年ちょっと結構踵の減りが早く、こちらのほうが早くに補修が必要になりそう。また、同じガラス革なのに、皴の入り方が315Rより顕著です。

暫くはこの2足を交互に履く日が続きそうですね。。スコッチグレインのシャインオアレインが欲しい。

 

雨の週末

今週末はあいにくの天気。

 

今日は晴れていればどこかに写真でも撮りに行きたかったんですが、雨ということで独りで銀ブラしてきました。以前からやってみたかった、「靴屋巡り」。次買う茶靴の候補選びが目的ですが、銀座の靴専門店を巡るっていうオシャレ感を味わってみたかったというのが本音。笑 いつも百貨店なので。

 

1件目、スコッチグレイン。

本店らしく、同社の靴のラインナップがずらりと並んでいて、初めてインペリアルブラックも実物を見ることができた。やっぱ革は良い感じだけど、つま先の形がちょっとシャープすぎて、個人的な好みとは違う感じ。

店員さんに足のサイズを測ってもらい、何着か試着。オデッサはやはりいい感じ。雨でも履けるシャインオアレインにも思わず食指が動きそうになる。ただ、今欲しいと思っているダークブラウンは好みの色がなく。対応していただいた初老の人が良さそうな店員さんにお礼を述べ、次の店へ。

 

2件目、トレーディングポスト。

以前、たまたま一度来たことがあったが、相変わらずオシャレでいい雰囲気。ただ、入るのには若干勇気がいる。

棚にはクロケットジョーンズやカルミナといったインポート靴が並んでいる。やっぱカッコいい。でも高い。

トレーディングポストオリジナルの茶靴が目当てだったが、つま先のキャップが思ったよりも小ぶりで好みとは違った。

 

昼食をはさんで3件目、有楽町駅前のマルイにある、クインクラシコ。

ペルフェットの靴が目当てだったが、こちらではなく東京の新丸ビル店で扱っているらしい。残念…。

店内にはクインクラシコオリジナル商品がずらりと並んでいて、デザインもスタイリッシュで素敵だったが、セメント靴が多くて、長く履くのは難しそう。

 

そして4件目、有楽町駅を抜けて、シェットランドフォックスへ。

リーガルの最上位ブランドというのに加え、立地柄、店はとても高級感のある佇まい。ほかに客もおらず、店員と会話しながら何足か試着する。とにかくここの靴は形が凄い。歩きやすさにこだわっているため、靴が全体的にうねった感じになっている。バーミンガムという種類のダークブラウンのセミブローグがとても好みだった。次回の候補かも。

 

というわけで、今日は靴は買わず…

 

無印良品で靴と合わせるダークブラウンのベルトだけ買って帰宅。笑

これもヌメ革なので、メンテナンスして育てていこうと思います。

 

 

三陽山長 友之介

つい先日「しばらく我慢」とか言ってたのに、”ボーナス払い”という悪魔の取引で買ってしまった、三陽山長の「友之介」。これまで買ったどの靴よりも高額で、税込みで7万円超…。ジョンロブとか、クロケットジョーンズみたいな舶来品に比べればまだまだ安いけど、それでも普通の人からしたら、靴にそんな金をかけるのか!というレベルでしょう。

 

でも靴って、時計とかスーツみたいにいかにも「高いもの身に着けてます」って見せびらかすわけでなく、あくまでさりげなく良いものを身に着けられるのが魅力だと思うんです。若造でも分不相応にならないというか。こんな靴の裏なんか誰も見ないけど、縫い目が表に出ていないいわゆる「ヒドゥンチャネル」とか、そんなディティールに自己満足。

 

三陽山長の靴は、踵が小さく、フィット感が良いです。右のスコッチグレインと比べても御覧の通り。 全体的に革が固いため、他の方のblogなどを見ていると「履き始めから半年は足が痛かった」なんていうコメントも散見されますが、自分の場合はそんなことなくて、初日も靴擦れになりませんでした。

 

ちなみに、靴紐は以前から気になっていた「紗乃織靴紐」に交換。お値段1000円。

でも、蝋引きされているので解けにくく、先のセルが金属なので割れることもないという耐久性を考えると、1000円も高くはない…はず。

 

というわけで靴紐交換し、1度履いた現在の友之介。友人の結婚式等にも履いていけるよう、大事に育てていきたいと思います。

 

ともあれ、これで黒のストレートチップは5足目で、1週間ローテーションが組めるようになりました。

次は茶靴だな…。